oh my little home

Thank you!!!

Profile

rie*

Author:rie*
夫、自営業。
私、専業主婦。
そんな夫婦が とてつもなく少ない予算で
小さい土地に 小さいおうちを建てるまでの記録です。

2010年11月 着工
2011年 4月 完成




↑これで撮影してます
新しいレンズが欲しい・・・
New entries
Recent Comments
Categories
Archive
04  02  01  09  08  05  04  03  02  01  12  11 
これ使ってます

カフェ窓 お気に入り♪



キッズスペースに。我が家はピンク


こっちも可愛い

透明のガラスの小瓶5本セット(2)(送料込)
セットが嬉しい。何個も欲しくなっちゃう


リビングで唯一のブラケット


リビングにひとつだけ レトロスイッチ


サニタリーの照明は ミルクガラス


2Fトイレのタオルハンガーは陶器製


2Fトイレのペーパーホルダーは陶器製


2Fトイレのミラー

アイアントイレットペーパーホルダー(ブラウン)
1Fトイレのペーパーホルダーはアイアン製


2Fトイレの水栓はウェル単水栓


2Fトイレの水栓ハンドルはピヴォ


洗面のシンクは定番のTOTO SK106


丸い頭が可愛い洗面のシャワー水栓


玄関の照明はオーデリック


アイアンと素朴な陶器の文字がカワユス


大文字と小文字が組み合わせられるよ


ブランカの陶器のアメリカンスイッチプレート
うちのスイッチは ほとんどがこれ。可愛いよ


リビングに唯一の4連陶器の
アメリカンスイッチプレート


玄関脇にはプラスチックタイプ。
こっちも可愛い。


サニタリーとキッチンには スイッチと
コンセントがひとつになってるタイプ


色もタイプもいろいろ


子供たちの隠れ家

スポンサーサイト

--.--.-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ 妥協しませんよ その2

2011.01.26 (Wed) 04:17
アジアカップ、日韓戦。 粘り勝ちましたね。
喜んだり がっくりしたり また喜んだり がっくりしたりを繰り返し
最後には大喜びで終わるという 素晴らしい結末に しびれまくりでした。 一人で。
その余韻が覚めやらぬ中 今夜の更新です。 決勝戦が楽しみです。
ではでは 前回のつづきですよ。


おさらいしますと 地盤改良なしの結果で
塗り壁の範囲が拡大したことを書きました。
前回書くのを忘れたのですが
塗り壁と共に 無垢の床の範囲も リビングだけでなく
1階廊下まで拡大したのです。


本来なら もうこれだけで十分満足だろうに
人間とは愚かにも 欲深な生き物でして。
人間というか・・・ 私が。 ですね。


プランや仕様まで決定したあとで 何度か行かせていただいた完成見学会で
総無垢のおうちを見たり 総合板フローリングのおうちを見たり
珪藻土のことをネットで調べまくったりしているうちに
それまで 「ここは標準で。」と思っていた 子供部屋と寝室までも

「無垢の床」 と 「塗り壁」 に 

したくてしたくて たまらなくなってしまい
夫にそのことを ざっくりと了解を得て
勇気を振り絞って 担当さんにメールをしてみたんです。


なぜ 勇気を振り絞らないといけないか?というと
我が家の予算事情を 担当さんも重々知っているわけで
そんな無謀なことを伝えるということは 勇気がいるわけで。


「1階居室も無垢(パイン)にしたいんです。どうしてもしたいんです。」
「でも 水まわりはクッションフロアで諦めます。」
「ついでに 塗り壁にもしたいんです。でも予算がないから 自分たち(おもに夫)にやらせてくれませんか?」

という内容を 我慢できないオーラ全開で送りました。
床に関しては 「¥○○ の追加になりますがよろしいですか?」と念を押されましたが
施主施工に関しては タイルのとき同様 快く承諾してくれました。


ということで 無垢の床は キッチンやトイレ・洗面所などの水まわりを除いて全てに。
塗り壁は 施主施工で リビングと廊下(業者さんにやってもらう)を除いた全ての壁に。
という 私のお望み通りの仕様に決定したのです!


この決定は 夫の 「俺、出来るよ!」の言葉なしではありえないことでして。
タイルのとき同様、コテ使いの経験など微塵もない夫の快い返事で決定したのであります。
その自信はどこからやってくるのか いささか不安ではありますが
夫しかいないので 頑張ってもらうしかありません。
私も一緒に頑張りたいけど 3歳と1歳の娘たちが許してくれません。


最後に 予算もないのに どうしてここまでこだわるのかと言うと
それは 決して見た目だけのことではありません。
特に 珪藻土や漆喰の塗り壁に関しては その性質の素晴らしさとか
調べれば調べるほど 絶対に取り入れたい!と思えるものだったからなのです。


次女は軽度ですがアレルギー体質です。
そういったことからも 子育てしていく上で
出来る限り より良い環境を作ってあげたいと。
夫も同じ思いでした。
だから ふたつ返事で 「俺、出来るよ!」と言ってくれたのかもしれませんね。笑


今後 塗り壁材選びが待っています。
いくつか候補は絞ったのですが 決定出来ずにいます。。。




ここまで 画像なしで来ちゃいました。

oml0224a.jpg


画像がひとつもないのは寂しいので・・・玄関ホールの照明でお別れです。
画像を勝手にお借りしました。ごめんなさい。



最後までお付き合いくださり 本当にありがとうございます。



おうち作りと更新の励みになるので
↓よろしかったら push お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございました♪
スポンサーサイト

ここ 妥協しませんよ その1

2011.01.25 (Tue) 03:51
本日はですね 我が家が外壁のグレードを
めーいっぱい下げてまで 貫き通した部分のお話です。
どーしても妥協できなくなった部分です。


おうち作りを考え出した当初 
それは まだ夢のまた夢の仕様でした。
予算がない私たちは できる限り「標準」の枠から
はみ出してはいけないのだと 肝に銘じていましたから。


夢をみてはダメダメと思いながらも憧れたその仕様とは・・・ 

「無垢の床」 に 「真っ白な塗り壁」 

できることなら そんなおうちが作りたい・・・
無理と思いながらも 目を細め 何度妄想したことでしょう。


妄想し過ぎて 我慢できなくなった私は 
無理を承知で そのことを担当さんに伝えました。
そこで 外壁をラップサイディングから ただのサイディングにグレードを下げる、という
提案で その夢の仕様が1歩現実に近づいたのです。
そのときの記事はこちら → 

まずは リビングの床を 無垢のパインに。
(このとき子供部屋や寝室は合板フローリングです。)
リビングのクロスを 塗り壁に。
このことが決定しただけでも 嬉しかったのですが
なんと このあと 更なる嬉しい報告が!


それは もっとも恐れていた 地盤調査の結果 です。


私たちが選んだたった25坪の小さい土地は なんとなんと!
改良なし。 の優秀な子だったのです!
結果次第では 奈落の底に落ちていたであろう私たち。
「小さい小さい」と文句ばかり言っててごめんね。
あなた 出来る子だったのねー!!
初めて褒めてあげました。


ということで 話はさらに進みます。
リビングのみだった塗り壁を 1階の玄関ホールや廊下まで拡大です。


ちなみに 担当さんが選んでくれた塗り壁は



↑ こちら テラデコール という珪藻土です。
詳しくはHPをご覧ください → 


施工しやすく 低コスト。
我が家にぴったりの珪藻土なのです。


ここまで決まった夢の仕様ですが
欲深な私は さらなる試みを企てたのであります・・・


つづく☆


最後までお付き合いくださり 本当にありがとうございます。



おうち作りと更新の励みになるので
↓よろしかったら push お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

ありがとうございました♪

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。